letter music

日々更新される音楽情報を雑談を交えて文字化するWebzine

『クリード 炎の宿敵』サントラは『ブラックパンサー』に続く今の映画界とヒップホップシーンをつなぐ重要作だという話

「エイドリアーン〜」の叫び声のイメージが広く伝播してる映画『ロッキー』。そのシリーズ最新作、厳密に言えばスピンオフ作の『クリード 炎の宿敵』が、いよいよ来年、2019年1/11からここ日本でも公開されるわけですが、そのサントラ『Creed II: The Album…

「MAZEUM -メイジアム」日本人が知っておくべき国内アンダーグラウンド音楽ショーケースに遊びに行ってきたという話

「そうだ、京都行こう」でおなじみ、日本の古都・京都にて11/30~12/1に「MAZEUM -メイジアム」なる音楽フェスが初開催されたので遊びに行ってきました。

Discwoman来日イベント感想、改めてDJの評価指標について考えさせられた一夜を振り返る

もうちょっと前になってしまいますが、11/24に東京のWWW Xにて行われた今、大注目のコレクティヴ「Discwoman」の来日ショーケースイベントに遊びに行ってきました。

6ix9ine最近の出来事まとめ、例の逮捕で悪名高き淫行事件保護観察処分が無効になったことなどを振り返る

現在、あの逮捕劇で勾留中のカルロス・ゴーン容疑者の最新情報をニュース番組で見て、同じく先月センセーショナルな逮捕劇を起こした6ix9ine(シックスナイン)とこりゃどっちが先に拘留期間が終わるのかな〜などと思ってしまったわけですが、6ix9ineに関す…

あのAphex Twin = user48736353001説がマジだったので新垣結衣を例にネット上の噂について考えてみた

普段あまりドラマを観ない私ですが、最近、知人に勧められてHuluの見逃し配信のおかで「獣になれない私たち」を結構欠かさず視聴しています。リアルタイムは無理でも先述のHuluやTVer、ほか各局が配信している見逃し配信用? のアプリを駆使すれば、けっこう…

6ix9ine新作アルバム『DUMMY BOY』リリースも、例の逮捕による公判日が決定するという話

エクストリームな芸風のお騒がせ若手ラッパーの6ix9ineといえば、今月の最悪終身刑、短くても25年収監される可能性があるレベルの犯罪行為による逮捕劇で話題になっていますが、ついに発売延期になっていた新作アルバム『DUMMY BOY』がリリースされました。

ロンドンで開催されたAphex Twin過去MVネタ新作グッズ販売ポップアップショップの様子をまとめてみた

Aphex Twin(エイフェックス・ツイン)と言えば、今月はCrack Magazineとの飛び出る”Aphex Twinの顔面”ARや、世界中に同時発生したAphex Twinロゴを探せ! 的な企画モノで世間を賑わせていたり、以前の映像コラボレーターのChris Cunningham(クリス・カニン…

CRZKNY新曲「No17 vs No19」とともに最狂パーティーGOODWEATHER 2.0という地獄の門が開かれる件

最近は、Netflixで『テラスハウス』を鑑賞してエモくなっているタイミングでCRZKNYの新曲が公開されるというのが私的な2018モードだったのですが、今月は色々と本業多忙(といっても本業もライター業なのですが)のため、あまりテラハもチェックできておらず…

6ix9ine終身刑レベルの逮捕劇にK-POPファンが沸く理由とは? SNS上での6ix9ineisgoingtojailpartyについて調べてみた

逮捕といえば、日産会長のカルロス・ゴーン氏が、現在、日本では話題ですが、ヒップホップ業界ではいわゆる物議を醸す行動をこれまでに何度も繰り返し、その都度ネットニュースになるエクトリームな芸風の持ち主として注目を集める若手のラッパーの6ix9ine(…

超絶技巧の音楽家Louis Coleによる一軒家を舞台にしたビッグバンドセッションがMAX見モノすぎる件

今年で設立から10周年を迎え、Ross From Friends(ロス・フロム・フレンズ)、Dorian Concept (ドリアン・コンセプト) ら名うてのニューカマーを吸収し、勢いづく”Fly Lo”WことFlying Flotus(フライング・ロータス)率いる人気レーベル・Brainfeeder(ブレ…

Lil Peep『COWYS2』がエモトラップというよりエモ・ポストトラップ化していると感じた件

去る11/9、ついに待望のLil Peep(リル・ピープ)の遺作にしてセカンドアルバムとなる『Come Over When You’re Sober, Pt.2』がリリースされたわけですが、私は、その仕上がり具合は予想以上にエモロック、というかエモ・ポストロック化していると感じました…

Aphex Twinの顔面が飛び出すAR表紙をはじめとしたCrack MagazineによるAFX祭りが最高すぎる件

俺得すぎる…。私がウェブ版ですが、愛読しておりますイギリスのカルチャーマガジン「Crack Magazine」が最新号のIssue 94にて怒涛のAphex Twin(エイフェックス・ツイン)特集を敢行。本日、夕方過ぎにそれを知ってテンション爆アガりでチェックしていました…

Bad Gyalという名の「スペインの至宝」的ダンスホールシンガーに関する話

ホント、直前の話で恐縮なのですが、なんと本日、20時から渋谷のCircus Tokyoにて行われるGO OUT NITEに私の中での”スペインの至宝”Bad Gyal(バッド・ギャル)がやってきて、ライブをぶっかますという…。ですので、これにアガらずして何にアガるんだという…

宇多田ヒカル「Too Proud (L1 Remix)」参加のアジアラッパー達と最近のアジア音楽事情を調べてみた件

本日、宇多田ヒカルの国内ツアー“Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018”スタートを記念し、サプライズリリースされた「Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)」。

Lil Xanが引退せずにMac Millerを追悼する新作アルバム『Be Safe』を制作中だという話

最近、正式な死因が薬物とアルコールの過剰摂取だと断定された故Mac Miller(マック・ミラー)。そのMac Miller関連の話題の1つとして、生前、彼のことをアイドルとして慕っていた若手ラッパーのLil Xan(リル・ザン)が、Mac Miller追悼アルバムを制作中だ…

Mac Millerの正式な死因判明と元恋人アリアナ・グランデによる震えるレベルの超絶アカペラに関する話

先日、都内某所でバーテンダーさんに「お客さん、オードリーの若林さんに似てますよね〜」と言われるなんてことがありました。

CorneliusのMUTEK.JP 2018ライブセットが予想以上に刺激的だった件(特に上沼恵美子映像登場のくだり)

11/2に東京はお台場、日本科学未来館にて行われたメディアアートと電子音楽のフェスティバルMUTEK.JP 2018のDay2に行ってきました。

サムライチャンプルー繋がりで揃えたいMINMI『アイの実/四季ノ唄』とNujabes『Metaphorical Music』のアナログ盤

これまで4枚のレコードを自分の財布と相談しながらメモ的にここに自分が欲しい、レコードの日発売限定アナログレコードについて書いてきましたが、そろそろ財布も山かな〜ということで、今年はここらで打ち止め。

精神がとろける美しさ、Gigi Masin『Kite』2018年版レコードの日に買いたいレコードリストその4

うっ、美しい…。もはや脳が、精神がとろけるレベル。びっちゃびっちゃでトロトロのバターのようになる…。

夢のジャズカップリング盤フランス・ギャル『ジャズ・ア・ゴーゴー/ジャズる心』 2018年版レコードの日に買いたいレコードリストその3

2018年11/3、レコードの日に欲しいアナログレコードを最近、財布との相談も兼ねてつらつらとリストアップしておりますが、私が欲しい3枚目は、今年のレコードの日におけるフレンチポップ好きの踏み絵的1枚だと勝手にフランス大好きな私が思っているフランス…

Lil Peep新作アルバム『Come Over When You’re Sober, Pt.2』の誕生日を祝すカラーヴァイナルが24時間限定で発売という話

先日、発売を控える新作アルバム『Come Over When You’re Sober, Pt.2』から先行曲「Runaway」をリリースしたLil Peep(リル・ピープ)ですが、なんと彼の誕生日である11/1限定で、その新作の限定カラーヴァイナルのリリースを発表しました。

Lil Peep新曲「Runaway」と制作中のドキュメンタリーにDiploとのコラボ曲が使用されるかも? という噂がともにヤバい件

いよいよ、来週11/9に発売される故Lil Peep(リル・ピープ)の遺作アルバム『Come Over When You’re Sober, Pt.2』。その発売を前にLil Peepの誕生日である11/1にアルバムから新曲「Runaway」が先行曲としてリリースされました。

ザ・ビートルズ『ホワイト・アルバム』発売50周年を記念する純白のレコードプレーヤーとタオルハンカチが欲しすぎる件

先月末からツアーのための来日が話題になっている元The Beatles(ザ・ビートルズ)の”Sir”Paul McCartney(ポール・マッカートニー)。来日直後の成田空港に降り立つ姿を収めた動画も公開されており、さすがのスターぶりを実感させてくれるわけで、すげぇな…

アン・ルイス『ピンク・キャット』は和モノレアグルーヴファン悶絶の1枚 - レコードの日に欲しいレコードリスト2018年版その2

11月3日は、レコードの日ということで、個人的にその日にあわせてリリースされる限定アナログレコードを発売リストから個人的にゲットしたいなと思うものをピックアップしてご紹介しております。

rei harakami『わすれもの』- 2018年版レコードの日に買いたいレコードリストその1

11月3日は、レコードの日ということで、アナログレコードのファンにとっては毎年4月に行われるRECORD STORE DAY(レコードストアデイ)に勝るとも劣らない、まさに祝祭ムード満点のアナログレコードカルチャーを祝う1日になります。

50 Centが因縁あるJa Ruleのライブのチケット最前列200席を買い占め。沢田研二ですら「イケズやわ」と言いそうだという話

で 先週半ばから、仕事や諸用で京都にしばらく滞在していました。ただ今回、現地に着くまで全く知らなかったんですが、現在、空前のインバウンド景気に湧く京都市では、今月2018年10年より宿泊税なる新たな税制がスタート。これに関してはいわゆる一般的なビ…

Daft Punkが黒頭巾を被りインタビューを受けるレアな動画を発見した件

今月、フランスの名門エレクトロレーベルEd Bangerが、Instagram上で一部公開し、話題になったDaft Punk(ダフト・パンク)メンバーThomas Bangalter(トーマ・バンガルテル)のレアな新曲「Riga (Take 5)」のフルトラックがネット上に公開されていました。

Juice WRLD初来日公演レビュー、まさかの「Lucid Dreams」2回転にシビれたという話

先週、次のスターラッパーとの評価も高いJuice WRLD(ジュース・ワールド)の初来日公演が渋谷Harlemにて行われたので遊びに行ってきました。

映画上映前に流れるブゥーーンというTHXロゴ効果音が作れる謎のゲームボーイ型シンセ「Deep Synth」が色々ヤバい件

最近、海外の音楽機材系情報サイトをぼんやり閲覧していた際に、謎に往年のハンディーゲーム機であるゲームボーイとTEENAGE ENGINEERING(ティーンエイジ エンジニアリング)のPocket Operatorを合体させたようなシンセを紹介している記事を発見しました。

Massive Attack名盤『Mezzanine』DNAデータ入りスプレー缶が限定発売、3Dがバンクシーについても言及している件

今年4月にブリストルが生んだTrip Hopのスターグループとして知られるMassive Attack(マッシヴ・アタック)が、彼らが世に送り出した名盤の1つであり今年で発売から20周年を迎える『Mezzanine』をDNAデータとして保存するという計画を発表。この斬新な試み…