letter music

日々更新される音楽情報を雑談を交えて文字化するWebzine

Music gear

SoundCloud音源をオフラインでもDJで使えるサービス「SoundCloud DJ」が開始という話

音楽プラットフォームのSoundCloudが新たなDJ向けのサブスクサービスとして「SoundCloud DJ」を開始しました。

Aphex TwinとNovationがコラボした最新モノシンセ「AFX Station」、お手頃価格で発売決定

最近、世界各地におなじみの謎のロゴが現れたことが報じられていたAphex Twin(エイフェックス・ツイン)。今回は機材メーカーのNovationとのコラボ機材のリリースか!?というのが大方の予想でしたが、かねてからコラボ相手とされていたNovationが予告してい…

新型iPad AirでDJアプリ「djay Pro AI」が進化! 本体ディスプレイに触れずともスクラッチができてしまう件

日本時間2020年9月16日未明より開催されたAppleの新製品発表会で発表された新型iPad Airが超テクいです。

Native InstrumentsがPCなしで使えるグルーヴ制作システム「MASCHINE+」を発表!

先日、リーク情報が出ていたNative Instrumentsのグルーヴ制作システムシリーズ「MASCHINE」初のスタンドアローンモデル「MASCHINE +」が正式にリリースされることが発表になりました。

BehringerがTR-606クローン「RD-6」リリース、全10色スケルトンカラーもありでほとばしる往年のiMac感!

Roland(ローランド)が”808の日”に凝った特設サイトを今年も発表して、ああ、もうそんな時期か〜と思ってたら、クローンシンセ界の巨人 aka Behringer(ベリンガー)が、今年のNAMM 2020で発表していたTR-606クローンドラムマシーン「RD-6」のリリースをア…

スマイリーマーク付きでレイヴしてるBehringerのTB-303クローン「TD-3」、ついに国内販売決定! という話

今年3月に日本でも販売が開始されたBehringerのTB-303クローン「TD-3」。こちらはすでに日本でも発売されているシルバー、レッド、ブルーのほかにイエローとブラックが存在しましてですね。その2つはすでに海外では販売開始されていたのですが、ついにその2…

コロナ時代のライブエンタメに必要なのは仮想現実ではなく、テクノロジーで感染予防する「レイヴスーツ」なのか? という話

先週行われたTravis Scott x フォートナイトによる仮想空間ライブイベントが大きな話題になっており、今後はテクノロジーを駆使した現実世界の現場では成し得ない仮想空間ならではの”体験”に注目が集まっています。しかし、同じくテクノロジーを駆使しながら…

噂のBehringer「TB-303」クローン「TD-3」は3色展開、販売価格は2万円以下になるそうだという話

おそらく多くの音楽制作機材好きが「そのうちきっと…」と思っていたであろう機材がついに市場に姿を現すことに! 近年はクローンシンセシーンの台風の目、漫画「ONEPICE」風にいえば、「クローンシンセ王に俺はなる!」と言わんばかりの勢いで中古市場で高値を…

Rolandが令和元年台風第19号により被災した製品を特別修理対応するという話

東京都内や他の関東エリアに甚大な被害を与えた先週の「スーパー台風」こと令和元年台風第19号「ハギビス」。被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。

DJとDTMerを誘う甘い罠、それが最新Mac OS「Catalina」でございますという話

もうすでに話題になっていると思いますが今回は、DJやDTMerがAppleの最新Mac OS「Catalina」にアップデートすると色々と不都合が起きるという例のやつに所見を述べてみようと思います。

「前山田×体育のワンルーム☆ミュージック」でBillie Eilishのインタビューが放送される件

なんともタイムリーな話題を放送するTV番組情報をキャッチ。9/3(火)22:50~NHK ETV「前山田×体育のワンルーム☆ミュージック」という番組では「スマホ・パソコン1つで音楽をクリエイト」という内容を放送するとのことです。 #ビリーアイリッシュ のインタビュ…

祝Roland『TR-808』、国立科学博物館「重要科学技術史資料」に登録! 未来技術遺産化するという話

早いもので今年ももう9月。先月の”808の日”こと#808dayが終わり、次は”909の日”、#909dayだなぁ〜などと思っていた矢先、思いがけずものすごいニュースを発見しました。なんと、ミュージャン御用達で、現在でもそのサウンドが様々な音楽ジャンルで使用されて…

Teenage Engineeringの”お金がない人向け”モジュラーシンセ「Pocket Operator Modular」が魅力的すぎる件

今年は音楽制作に精力的に取り組みたいなぁと年始に所信表明的に知り合いに話してはみたものの、未だ全くそれに取り組めていない私。こういうイメージの曲を作りたいみたいなアイデアとかはあるんですが、中々それに取り組めないのは果たしていかがなものか…

Technics「SL-1200 MK7」2019年夏に製品化予定も価格は12万円超との噂、マジなら購入ハードルがさすがに高い件(価格の追記あり)

1/7(日本時間1/8)にラスベガスで行われたイベント「Technics7th」とタイミングをあわせて発表されたオーディオブランドTechnics(テクニクス)待望の新作ターンテーブルSL-1200 MK7。SL-1200シリーズの最新作となるこちらは、同ブランドファン、というかDJ…

SoundCloud音源をSerato DJで使える新サービス、プロモ動画がすごかったからオフライン再生できるか調べてみた件

今年の秋頃から、以前の倒産に関する噂話を払拭するかのように、インディーズミュージシャンがマネタイズできる新機能をスタートさせたり、定額配信制の「SoundCloud GO+」とDJソフトを連携させることを予告していたSoundCloudですが、ついに先述のDJソフト…

映画上映前に流れるブゥーーンというTHXロゴ効果音が作れる謎のゲームボーイ型シンセ「Deep Synth」が色々ヤバい件

最近、海外の音楽機材系情報サイトをぼんやり閲覧していた際に、謎に往年のハンディーゲーム機であるゲームボーイとTEENAGE ENGINEERING(ティーンエイジ エンジニアリング)のPocket Operatorを合体させたようなシンセを紹介している記事を発見しました。

RolandがTR-808モチーフの限定アナログ盤を特典リリースすると知り、欲しすぎググってたら販売店を発見したという話

日本が世界に誇る機材メーカー”レペゼン・ジャパン”なRoland(ローランド)が、8/8、つまり”808の日”に名機TR-808をモチーフにした限定2枚組アナログレコードをリリースするそうです。

ギターキッズの憧れだった老舗メーカー「ギブソン」の破産申請に諸行無常を感じるという話

高級ギターでプロも愛用する老舗ギターメイカーのギブソン(Gibson)が破産申請をしたことが明らかになりました。ものすごくショック…。

Throbbing Gristleのサウンドを基にしたユーロラックモジュール「TG One」

インダストリアル感強し!! インダストリアルバンドの大御所、Throbbing Gristle(スロッビング・グリッスル)通称TGのサウンドが手に入るユーロラックモジュール「TG One」が良いなと思いました。

AbletonによるDTMを学べる「Learning Music」が日本語対応

以前、インタラクティブにDTMを学べるLearning MusicというチュートリアルサイトをオープンさせていたAbletonですが、そのサイトが日本語対応しました。

Google Doodleのヒップホップ生誕記念ブラウザ・ミキサーで遊んでみた+アレンジした使い方アイデア紹介

8/11はヒップホップの日 先日は山の日にちなんだDoodle(いたずら書き)が公開されいたGoogleの検索画面ですが、本日は、8/11でその生誕から44周年を迎える「ヒップホップ」を祝う特別な”Google Doodle(グーグル・ドゥードゥル)”ロゴイラストが公開されていま…

Abletonが"Max"でおなじみCycling ‘74を買収

DTMユーザーの間で人気のDAW「Ableton Live」を販売するAbletonが、これまで「Max」や「Max for Live」といった製品を開発してきたメーカーCycling '74を買収したことが明らかになりました。

見かけもキュート!オモチャみたいな小型8bitモジュラーシンセ「miniMo」

ポケットサイズで見かけもキュート。miniMoは、そんなキューブ型のオモチャっぽいさも感じる8bitモジュラーシンセです。

発売20周年。Radiohead『OK Computer』の制作に欠かせなかった7つの機材とは?

今年で発売から20周年を迎える、Radioheadの代表作のひとつ『OK Computer』は、バンドが初めてUKチャート1位を獲得し、グラミー賞でも最優秀アルバム賞にノミネートされた記念すべきアルバムというだけでなく、その文化性、芸術性が高く評価されたことによ…