letter music

日々更新される音楽情報を読み解くWebzine

ディーン・フジオカ「Echo」をのSynapseがブートレグリミックス、EDM系ダブステップ化していた件

f:id:fantasydub:20180708152544j:plain

今週もドラマ『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』の主題歌だったディーン・フジオカ「Echo」が、Mステでも披露されるなど、最近では普通にテレビの音楽番組でまだまだアンダーグラウンドな音楽ジャンルである「Wave」がかかるという現象が起きている日本。

ディーン・フジオカ「Echo」のブートレグリミックスがついに登場

このことについて冷静に考えればとんでもなくヤバい、しかしとんでもなくWave愛好家の私にとっては幸福な状況と言えるのですが、ついにそんなJ-POPのヒット曲となった同曲をブートレグリミックスする猛者も登場した模様。

そのブートレグリミックスを手がけたのは日本のインディーズ・トラックメイカーのSynapseで、現在はSynapseの「Echo」がYouTubeやSoundCloudで視聴可能です。

EDM系スタジアムダブステップ化した「Echo」

リミックスの内容は、残念ながらオリジナルを踏襲したWaveではないものの、うまくボーカルパートを2ミックス音源から抜き出し、"Echo"にひっかけたリヴァーヴ処理ボーカルでエコー効果を演出していたりと、なかなか技あり。オリジナルとはまた違った、まさにリミックスという感じに仕上がっています。

youtu.be

Nero好きには特に刺さるかも

全体的にはオリジナルの耽美さよりは、EDM系のスタジオダブステップといった感じなので、Neroの曲とかが好きな人に特におすすめ。

最初のダブステップパート終わりがUKGビートになっていたりするところなんかも、UKが本場であるWaveの文脈につなげるという意味の解釈なのかなと勝手に思ったり。そういやNeroもUK拠点だったような…。

youtu.be

 

Waveは耽美なシンセ、声ネタ、トラップビートというパブリックイメージ的な基本形はあるものの、UKG、ダブステップ、グライム、ドラムンベースなど様々なベースミュージックの要素を持つ、キメラ音楽という面もあるので、そういう意味では、先述のような要素を使って「Echo」をリミックスしているのはおもしろいなと思いました。

個人的には例えば、Vaporwaveやウィッチハウス化した「Echo」なんかも聴いてみたいと思います。ですので、今後、またどこかのトラックメイカーがブートレグを公開するのに期待したいなと。以上、お後がよろしいようで。

Echo - EP

Echo - EP

  • DEAN FUJIOKA
  • J-Pop
  • ¥900

▶︎あわせて読みたい記事はこちら 

Text by

Top Image via Synapse