letter music

日々更新される音楽情報を読み解くWebzine

Eliot Lippによる土着FunkなIDM Hip hop「I Told Ya」(フリーDL)

f:id:fantasydub:20170612174546j:plain

ポストPrefuse73とかつて言われたIDM Hip HopトラックメイカーEliot Lipp(エリオット・リップ)の新曲「I Told Ya」が現在、XLR8Rでフリーダウンロード可能です。

こちらは、今月発売される通算10枚目となるアルバム「Skywave」に収録される曲の内のひとつで、Lo-FiなFunk系のサンプルと声ネタを混ぜ合わせつつも、Eliot Lipp節の繊細な電子音を絡ませていくという、現代の視点からすると、伝統的なIDM Hip Hopの見本とでも言いたくなるようなトラックです。

後半からはアルペジネーターを使った攻め立てるような野太いシンセが姿を現します。XLR8Rによると、Eliot Lippはここ数ヶ月の間、SF映画のサントラや70~80年代のFunkからサンプリングしながら、独特のメロディーセンスと掛け合わせた作品を作っていたそうで、その集大成がアルバム「Skywave」となって世に現れるという流れだそうな。

メロディックでありながら、どこか土臭いというかそんな仕上がりとなった「I Told Ya」はアルバムのオープニング曲となりますが、現在、bandcampでは、逆再生サンプルのイントロで始まる哀愁系の「Not Quite Awake (Emancipator Remix)」、複雑に声ネタサンプルをエディットしたスローシンセディスコ的な「Reflection」の2曲が先行公開中。

それらの曲を聴く限り、トレンド真っ只中と言われると、全くそうではないですが、古びれるというよりは確立されたEliot Lippワールドを最新アルバムでも聴かせてくれるという感じの仕上がりなのでは?という印象を受けます。

とりあえず、「Reflection」は2~3回聴くとそのエモさが徐々に身体に馴染むという印象。「I Told Ya」も何度か聴いているうちに、「ああ、ポストPrefuse73ってこんな感じだったなぁ〜。」という風にかつてのムーブメントを思い起こさせてくれる感じです。ところどころ聴こえる生音ベースのサンプリングが、メカっぽい、マシーンファンク感を醸し出しています。

シーケンス、サンプルのエディットの妙。

「こういう感じの音楽がかつて好きだったけど、そういや最近聴いていないな。」という人にはリハビリがてら最適な感じがします。

昔の勘を取り戻せば、今の5倍はカッコよく聴こえてきそうな現在のEliot Lipp。音楽トレンドも一回りしてきたことですし、そろそろこういう感じ大々的に復活しないかな〜と思わされた次第…

 

【この記事に関連するおすすめはこちら】

Skywave

Skywave

  • Eliot Lipp
  • エレクトロニック

Source: XLR8R, bandcamp
Top Image via bandcamp