letter music

日々更新される音楽情報を雑談を交えて文字化するWebzine

ネットを騒がせた噂とは別の人物がXXXTentacion殺害の容疑者として逮捕された件

f:id:fantasydub:20180622043910p:plain

今週、まさかの銃撃による訃報が報じられた人気SoundCloudラッパーのXXXTentacion(XXXテンタシオン)。その容疑者が逮捕されたことが報じられていました。

XXXTentacion殺害の容疑者が逮捕される

現地時間6/18に殺害されたのち、その訃報は翌日6/19には全世界中に伝播。ここ日本でも音楽系、海外ゴシップ系メディア以外にもBBCの日本版、ハフポストなど様々なメディアを通じて広く知られることになりました。

追悼式でファンが暴徒化

そんなXXXTentacionの死を悼み、人気ポッドキャスト「No Jumper」の主宰者Adam 22がLAで追悼式をオーガナイズしたところ、1000人以上のファンが詰めかけるなどその人気の高さが改めてうかがい知れる事になりましたが、予想以上に集まったファンの一部はその後、暴徒化。最終的には事態の鎮静のために警察が出動し、催涙弾なども使用されたようです。

 ちなみにその追悼式にはXXXTentacionの元恋人で彼からDVを受けていたことを告白していたGeneva Ayalaも参加を試みたところ、その存在に気づいたファンによってその場から追放されるという事態も起こっていました。

都市伝説レベルのXXXTentacion殺害容疑者説

そして、XXXTentacion殺害に関しては、以前、彼の代表曲「Look At Me!」のフロウを盗用したと批判されビーフ関係にあったDrake(ドレイク)が殺害の黒幕だという憶測や、XXXTentacionとは険悪な中にあったというラッパーのSoldier KiddとSoldier JoJoがファンから犯人だと指摘される、さらにその2つをつなげたDrakeが黒幕で先述の2人が実行犯だとする都市伝説レベルの噂もネットを騒がせました。

Look At Me!

Look At Me!

  • XXXTentacion
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

特にSoldier KiddとSoldier JoJoが犯人だとするその根拠は事実かどうかは別にして、一見すると意外にも論理的と言いましょうか。うまいこと証拠になるようなものを突きつけているため、バカにできないもので、実際にそれが正しかった場合はすごいのですが、仮に無実の場合でもそれっぽい内容のため、中には信じてしまうようなファンもおり、ネットの怖さを感じてしまいます。実際のところ、Soldier Kiddは容疑についてはデマだと否定していましたが、この噂については近いうちに詳しく書きたいと思います。
追記:

 

youtu.be

 

容疑者として逮捕されたのは22歳の犯罪歴のある男性

そんな中、6月21日には、XXXTentacion殺害の容疑者が逮捕されたことが明らかに。NY Timesによりますと容疑者は、Dedrick Devonshay Williamsという22歳の黒人男性で、公開された写真を見る限りいくつかのフェイスタトゥーがあり、一見するとちょっとSoundCloudラッパーっぽくもあります。

この容疑者は今回の殺害容疑で、第1級殺人罪で起訴されており、またこれまでの自動車の窃盗と無免許運転により保護観察中だったことや、The GuardianによるとほかにもDV、コカイン所有、銃の所持など過去にいくつかの重犯罪を犯しているものの、服役経験はないとのこと。

XXXTentacionの訃報が報じられた際には赤いマスクをつけた2人組の黒人男性と見られる人物が窃盗目的で事件を起こしたと報じられていたため、先述のようなラッパーたちが容疑者だという噂もまことしやかにネット上では囁かれていました。当初の情報から考えると犯人は今回逮捕された容疑者以外にももう1人いると思われます。このあたりについてはその後の警察の調査で明らかになるはずなので、引き続き今後の続報に注目したいところです。
*追記:第二の容疑者の名前が公開され警察が現在捜査中とのこと。そのことについてはこちらをご参照ください。

 

アメリカの銃規制問題を改めて考えるきっかけになりそう

それにしても、もし物盗りが原因だった場合、XXXTentacionの最期は、バンド漫画の名作「Beck」の夭折したキャラクターのエディー・リーの最期と重なるなと…。ラッパー同士のいがみあいというと、"2Pacとビギー"的なものをイメージしてしまいますが、逆に物盗りが理由での殺害となるとなんともリアルすぎて辛い…。今月、Childish Gambinoがあれだけ「This is America」でアメリカにおける銃規制を問題にしていただけになおさら彼の死が悔やまれます…。

若手のラッパーだと最近では6ix9ineとCheef Keefのビーフの最中、銃撃事件が起き、それは6ix9ine側による犯行だという噂も注目を集めていましたが、実際にXXXTentacionのように銃の被害者になるような影響力のあるセレブも出てきてしまっただけに、今後はアメリカ社会としてもよりこの銃規制問題を見直していく必要があるのでは? と思いました。

▶︎あわせて読みたい記事はこちら

 

Text by

twitter.com

Top Image via Instagram 

Source: NY Times, The Guardian, All Hip Hop1, 2, Your Tango