letter music

日々更新される音楽情報を読み解くWebzine

女性ラッパーYoung M.AがアダルトサイトPornhubデビュー、「パラダイス」がテーマのAVを公開したという話

f:id:fantasydub:20180419154325j:plain

2016年の「OOOUUU」のヒットなどで知られる女性ラッパーのYoung M.A(ヤングが、なんとアダルトビデオ監督デビューしたそうです。

youtu.be

レズビアン公言のYoung M.AによるAV監督デビュー作「The Gift」

以前からレズビアンだということをカミングアウトしている彼女が監督したAVのタイトルは「The Gift」。これは、自身の作品『Herstory EP』の一部であること、7人の女性がフィーチャーされた所謂「百合モノ」です。

Herstory

Herstory

  • Young M.A.
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥1050

内容は彼女のインタビューによると、ストーリー仕立て。主人公の女性は処女という設定で、彼女にとっては誕生日、つまりレズヒアンへの目覚めを意味する的なことなんでしょうか? ミステリアスな豪邸の中にそれぞれの部屋で相手の女性たちに出会い、まぐわう、「パラダイス」になっているとのこと。

アート映画のような美麗レズビアン百合AV

なお、「The Gift」は、Pornhubの「Visionaries Director's Club」という性的な多様性をテーマにしたLGBTQカテゴリーのシリーズの1つとして公開。現在は、ティーザー動画も公開されており、それを見る限り、あたかもヨーロッパのR指定が入るアート映画のようなオシャレ系AVになっている印象を受けます。

youtu.be

最近では、日本でも男性向けだけでなく、女性のためのAVも男性向けとは違った切り口で人気だとよく聞きます。またクラブミュージック関係だと漫画家の西尾雄太先生による「小箱カルチャー x 百合」をテーマにした小学館系漫画『アフターアワーズ』も非常に面白い作品で、現代のクラブカルチャーとLGBTQとの関係が描かれています。

ラップではなくAVとして現代の多様性時代を切り取ったポルノ作品

例えば80年代のニューヨークのクラブシーン、パラダイス・ガラージのLarry Levan(ラリー・レヴァン)などに代表されるようにクラブカルチャーとLGBTQカルチャーの結びつきは強く、近年はセクシャリティーでの多様性も盛んに叫ばれている時代であることを考えると、アダルト動画専門サイトのPornhubコンテンツとはいえ、今回のYoung M.A作品「The Gift」は、ラップではなく、AVとして時代を切り取った意欲作的ポルノなのではないでしょうか?

 

それにしても「The Gift」の登場人物の皆さん、お綺麗で。ティーザー動画では仮面をつけた女性の姿も確認できるため、少しばかりスタンリー・キューブリック監督作『アイズ ワイド シャット』を彷彿とさせます。

また舞台となる豪邸ですが、こちらも最近、とてつもない絵に描いたような豪邸を購入し、音楽系以外のメディアでも取り沙汰されたEDMプロデューサーZedd(ゼッド)の豪邸が私の頭に浮かびました。

youtu.be

なお、Factに最近、確執が噂されている女性ラッパーのCardi B(カーディ・B)とNicki Minaj(ニッキー・ミナージュ)を特集した記事が公開されていました。

そちらでは、結びの段落で、その2人のほか、社会活動家としての面を持つPrincess Nokia(プリンセス・ノキア)、エロすぎるリリックながらもLGBTQにも触れるCupcakKeといったアップカミングな女性ラッパーたちとともにYoung M.AのAV監督デビューにも触れられています。

この記事は、彼女たちの活躍は目覚しいものの、まだまだヒットチャートのトップを獲得するような女性ラッパーが少ないのが現実的な問題だという指摘で結ばれています。

一見しただけでは、特に男性からすれば「Young M.A、AV監督デビューってマジかよ?」で終わってしまう話ですが、先述のような女性の権利、性的嗜好やセクシャリティの多様性といった昨今の社会的な問題のテーマとなっている要素も踏まえて考えるとこのAV監督デビューは、また別の意味合いを持つと思います。

▶︎あわせて読みた記事はこちら 

 

Text by

 Top Image via Young M.A
Source: PAPER Mag, refinery29, XXL, Fact