letter music

日々更新される音楽情報を読み解くWebzine

サブカル脳の憧れヴィンセント・ギャロ x The Velvet Underground x サンローラン動画がスタイリッシュの極み

f:id:fantasydub:20180323013030j:plain

FacebookのTLをぼんやりと眺めていたらドチャクソ最高な動画にめぐり合いました。そう思った理由、それは90年代後半〜2000年代前半にかけて、日本中、いや世界中のサブカルクソ野郎を魅了しまくったあのヴィンセント・ギャロ(Vincent Gallo)が登場したからです。

ヴィンセント・ギャロ x The Velvet Underground x サンローラン 

ギャロ様が登場する動画はサンローラン(Saint Laurent)の2018年SSキャンペーン動画だったのですが、これがマジでかっこいい。さすがに年は重ねて老けた感じはしたものの、あのウェーヴィな髪型、謎にオーラを醸し出す存在感。さらにBGMで使われていたのがThe Velvet Undergroundの「Venus in Furs」というからマジで最高しかない、まじ卍状態。

youtu.be

もしかしたら今の若者にはこの私のテンションのアガり具合はご理解できないかもしれませんが、リアルタイムで98年の映画『バッファロー'66』で監督、脚本、主演、音楽まで手がける多彩ぶりを当時のメディアが煽りに煽ったせいで、無条件でギャロかっこいいという意識が脳の奥底にまで染みついている世代にはまあ、とにかくカッコいい。ギャロ様、セクシーとなるわけです。

youtu.be

ちょっと前に私が仕事として執筆させて頂いている某映画情報サイト用のコラムの企画のために、03年の『ブラウン・バニー』を組み込もうかと考えていたためか(結局それは実現せず)、自分内タイムリー感が強く、非常に興奮してしまったので、こうして筆をとっています。

youtu.be

 

90年代後半〜2000年代前半のサブカル脳の若者の憧れ(多分)

思い返せば、『バッファロー'66』公開時、高校の修学旅行で出かけた先の沖縄は那覇のタワレコでたまたま見つけた同作のサントラ。当時のカルチャー雑誌の影響でバチバチのサブカル脳にされていた私は、沖縄とはなんの縁もゆかりもないそのサントラCDをおみやげに買って帰るという若気の至り極まりない行動をとってしまったという立派なサブカルクソ野郎高校生でした。

そこから時が過ぎ、2001年になぜかギャロが名門Warpからリリースしたアルバム『When』もバッチリ購入しましたし、単独公演にも行きました。その頃だったと思いますが、サンレコとかだったかな? ヴィンテージ機材愛好家という面も持つ彼のレア機材の特集が掲載された号が発売され、それももちろん購入。

When

When

  • ヴィンセント ・ ギャロ
  • オルタナティブ
  • ¥1500

なんというかあの頃の若者にとって、ヴィンセント・ギャロとはカルトなマルチアーティスト以上の存在感があった気がします。なので、先述の『ブラウン・バニー』劇中、賛否両論の物議を醸し出した終盤のクロエ・セヴィニーに本番フェラさせるという衝撃シーンも、ギャロがやるならオシャレの一言で片付けていたという人も意外と多いのではと思っています。ともかくなんでもスタイリッシュ。そのあたりはオシャレな人がやることなんでもオシャレ説=「キムタク、デラべっぴんアート本化伝説」に通じるところがあるかと。あくまで勝手な持論ですが...。

 あと当時私が居を構えていた京都のローカル情報誌なんかでも個展が開催されていたとかなんとかで表紙を飾っていたとかいう地方都市ではありえないレベルの奇跡の出来事も今となってはとにかく懐かしい。そのことについては彼が買い物した御幸町通りだったかな? にあった古着屋は超絶怒涛の箔がついたという話も00年代前半の京都の若者の間では実しやかに囁かれていた伝説的なエピソードです。

週末、自宅でギャロ祭したい気分にさせてくれる(多分Exサブカル脳に限り)

なお、そこまでどハマり、むしろ時代のカリスマとして崇めていたほどの私ですが、いつの間にか彼の活動のペースがゆるやかになっていくにつれ、時の経過とともにあまり気にしなくなっていきました。それについてはまあ、そういうことってあるよねって感じの話なんですが…。

そんなことも確かにあったものの、今回のサンローラン x ヴィンセント・ギャロ x The Velvet Undergroundなキャンペーン動画を見て、私、今、無性に頭がギャロ脳になっています。なので、今週末はギャロ監督映画とかサントラとか聴き倒したいなという気分です。

ちなみにですが、私が1番好きな映画の中のギャロ様は、『GO! GO! L.A.』で彼が演じていたモスというキャラクター。映画のジャケでオープンカーでタバコを加えるギャロ様、マジかっこいいし、飄々とした感じも良かったなぁ〜と。

youtu.be

お後がよろしいようで。

▶︎あわせて読みたい記事はこちら

Text by Lady Citizen aka JF
Top image via Saint Laurent YouTube