letter music

日々更新される音楽情報を雑談を交えて文字化するWebzine

噂通りの名フェスだった「The Star Festival 2018」参戦振り返り日記

f:id:fantasydub:20180521211233j:plain

先週末5/19~5/20に京都・スチールの森で行われた関西の名物クラブミュージック系フェスのThe Star Festival 2018に参戦してきました。

The Star Festival 2018参戦を振り返る

毎年、コアなクラブミュージック好きの好みをピンポイントで突く、通なラインナップに定評がある同フェスですが、今年もJimmy Edgar、Mathew Jonson、Ikonika、Zip、Talaboman、Florian Kupfer、Ivy Lab、Shigeto、寺田創一ら出演という豪華なラインナップで、初回の出演アーティスト発表の時点でかなり気になっていたため、えいや! と東京から新幹線含む電車を乗り継ぎ、京都は南丹市のスチールの森のまで。

ただ、出発日5/19の午前中は仕事関係で色々やらなければいけないことがあり、自宅を出たのが午後2時頃。そこから会場に着いたのは大体午後7時頃でして、会場は山奥にあるため、あたりはもう結構な暗さ。そこからまず会場内を散策し、持ち込んだテントを張れる場所を探すという流れで、私のThe Star Festival 2018がスタートしました。

いつもどおりピースフルだった寺田創一

そんな中最初に見たのはクラブシーンにおける世界的なジャパニーズクラシックハウス再評価の立役者、ご存知寺田創一のライブ。当日の夕方はその彼と彼の盟友横田信一郎による音楽制作のワークショップがあったことは以前お伝えしたかと思いますが、先述のとおり、到着時間がそれを過ぎていたので間に合わず。無念。

閑話休題。

しかしながら、寺田創一ライブはさすが。いつもどおり寺田創一名義のハウシーなトラックと別プロジェクトのOmodaka系民謡の織りなす彼にしか成し得ないピースフルなライブセットを展開。

www.instagram.com

マジな話、寺田氏のライブは都内ではイベントのサポートDJを何度かさせて頂いたこともあったり、結構拝見させて頂いているのですが、いつ見ても素晴らしい。とにかく踊れるし、何より先ほども言いましたがピースフル。今回は野外でのライブということもあり、その感じは輪をかけてという感じでした。

 

キャンプ初心者が1人でテント張りに挑戦するも苦戦する

そのライブ終わりで一旦テントを張ると決めた場所に戻り、作業開始。今回、私は最近アウトドア良いなと思い出していたため人生初の1人アウトドアを敢行。しかし、知人から借りたテントがてっきり1人用の簡単に貼れるサイズかと思いきや、そうではなく、説明書を見ると作業は必ず2人以上で行なってくださいという無慈悲な注意書きが目に飛び込んできたため、思わず白目に。

 

もちろん、私は「1人でテントなんか張れない~」なんてセリフが似合う可愛い子ちゃんではないので、会場のキャンプ玄人な殿方の支援など受けることなど出来ないため、泣く泣く作業開始するも、これが難しい。

特に私は完全に初心者なのでとにかく難しい。四苦八苦しながら真っ暗な夜空の下、あーでもないこーでもないと心が折れそうになりながら、時間を浪費しながら聴こえてくるステージの音に奮起させてもらいながらなんとか作業を完了。おそらくですが、私のテントはその日会場に集まったキャンパーの中では1番不恰好なテントだったと思います。

Jimmy Edgarのレアグルーヴ飛び道具にやられる

とまあ、そんなことがあったのですが、その日のお目当の1つだったテトロイトが産んだ早熟の天才、Jimmy Edgarのプレイを聴きにステージへ。これは勝手に言っているのですが、Jimmy Edgarはその早熟なキャリアのため、私の中ではデトロイトの元祖ワンダーボーイ的存在です。

昔、雑誌で読んだ彼の音楽に対するレビューでは、デトロイトテクノはジャズをテクノに変換したもので、Jimmy Edgarはデトロイトテクノをジャズに再変換したというパンチライン的な文章がすごく好きで、まさにそれを体現している名曲「I Wanna Be Your STD」にどハマり。

I Wanna Be Your STD

I Wanna Be Your STD

  • ジミー・エドガー
  • エレクトロニック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

その後、Scubaのレーベル「Hotflush」からのテクノとハウスの中間地点を行き来するようなトラックなどにヤラレ、今に至るわけなのですが、当日もそのテイストは健在。

ただ、そのセットの中でディスコ系レア・グルーヴのCarmen「Time To Move」をブッ込んできたところは結構な衝撃で、私のこれまでのクラブ遊びの経験からくる勝手な持論「良い海外のDJはセットの中に飛び道具としてレア・グルーヴを放り込んでくる」説にピッタリだったため、テンションぶちアガり。良いもの見れた感がハンパなかったです。

www.instagram.com

ちなみにJimmy Edgarは今週末5/25にはCircus Tokyoでの東京公演を控えているので、そちらにも足を運ぶつもりです。

Jimmy Edgar東京公演の詳細はこちら

Mathew JonsonとJohnny Dub

続いて登場したMathew Jonsonは、アシッドな音からスタート。序盤はかなりドープな印象を受けましたが後半は結構アゲな展開だったなと。

www.instagram.com

その間、私はフードエリアを散策。そこにはお酒以外にケバブ、カレー、ラーメン、ソーセージ、コーヒー、The Star Festival 2018と人気セレクトショップJournal StandardのコラボTシャツなどを販売するキッチンカーや販売ブースが。

私はなんとなく関西に来たということが頭にあったため、まずは大阪・堂島を想起させる堂島カレーを購入。当日の夜はかなり冷え込んでいたため、その程よい辛さが良い感じに身体を温めてくれました。

www.instagram.com

そして、その裏手の方にRedbullのブースがあり、そこでBoiler Roomでの特番で"あまりにもレイヴすぎる"内容(動画を観てお察しください)を放送したために、当時のイギリス首相からも苦言を呈されたという伝説を持つマンチェスターのベースミュージッククルーLEVELSのメンバーのJohnny DubがありとあらゆるベースミュージックをミックスするDJプレイをしていたので、聴き込んでしまいました。そのプレイがめちゃ良かったので、また観たいなと思います。

youtu.be

ジャンルレスで圧巻のプレイだったTalaboman

そんな感じで会場を散策しつつ、食事やお酒を飲んだりしていると、ついに1番のお目当だったTalabomanの2人が日付が変わった午前0時頃に登場。ディスコ・ダブやトラバル系、ミニマルテクノ、エクスペリメンタルテクノなどかなり幅広い選曲で繰り広げられていくDJセットは最高しかなかったです。

www.instagram.com

Talabomanのアルバムは、ともかくズブズブでドープなトライバル色が強い内容だと個人的には感じていたものの、ネットで公開されているいくつかのミックスは、そのテイストは引き継ぎつつも、また違う感じのため、以前からかなり楽しみにしていました。その時間帯の冷え込みもなかなかだったものの、まさに寒さを吹き飛ばす圧巻のプレイだったと言わせて頂きたいですね。

The Night Land

The Night Land

  • Talaboman
  • エレクトロニック
  • ¥1500

そして、Lo-FiハウサーFlorian Kapperにステージのバトンは繋がれ、ゆるめのBPMからそのセットがスタート。40分が経過したところで、私の初日は終了。このフェスで1番不恰好なテントで仮眠という流れに。

www.instagram.com

個人的には田中フミヤ優勝だったThe Star Festival 2018

2日目。朝7時頃、むくりとテントの中から這い出し再びステージへ。その時はジャパニーズテクノ・レジェンド田中フミヤがプレイしていましたが、これが早朝の眠たさを吹き飛ばすドープなセットですごく良かったです。

www.instagram.com

それから2時間くらい踊ったり休んだりを繰り返していると先日の夜とは違い、晴れ間も広まり、徐々に気温も上昇。10時過ぎくらいにはかなり暖かく、過ごしやすい感じに。その後Zipが登場してちょっとしてから私は所用があったので、泣く泣く会場を後にしました。

個人的にはTalabomanも捨てがたいものの、今年の優勝はベテラン感というかテクノの匠さがひしひしと伝わってきた田中フミヤがベストでスタフェス優勝だったかなというの総括ですね。

 

The Star Festival会場内の感想

先日、会場に到着した際は、暗かったので周りがどうなっているかよくわからなかったのですが、会場のスチールの森、噂に聞いていたとおり、超大自然。子供連れの方も結構おられて、ドープなテクノが鳴り響く中、子供が無邪気に主にキャンプサイトエリアを走り回るなど、かなり心和む場面も見ることができました。

またステージからおそらく半径100~150mくらい(個人的かつ勝手な目測によります)でもテントを張っている人も結構いたので、夜通しステージから近い場所で休憩しながらフェスを楽しめるという演者との物理的な距離の近さも魅力だなと思いました。

www.instagram.com

それと会場内には電源の貸し出しもあったり、洗い物をできる水道スペースも靴洗い専用の蛇口があり、これが何気にすごく助かりました。というのも夜の間はあまり気づかなかったのですが、ステージがある場所近くにはいくつかぬかるみポイントがそれまでの天気のせいでできていて、気づかずに何度か足を取られました。そのため、履いていったブーツを次の日の朝見るとかなりドロドロになっており、ちょっとこのまま帰るのもなーと思っていたのですが、そこである程度泥を落とすことができたのは先述のとおり助かるなと。

私は電車をメインの移動手段として会場まで行っていたため、あまり汚れたブーツだと、帰宅する日は特によく晴れていただけに気がひけるなと思っていたので、そのありがたさはひとしおといった感じでしょうか。とにかく助かりました。

電車メインでも楽々快適な会場への移動

あと先程、電車をメインに移動と言いましたが、公共機関を使ってのアクセスの良さも噂通り魅力的でした。京都駅から乗り換えて園部駅というところまで行き、その駅を降りると会場まで15分のバスも運行。そのバスは片道500円で有料ではあるものの、自動車で会場まで行くという選択肢がなかった私のような人にとってはポイント高し。おそらく京都駅からはトータル1時間ちょっとくらいなのは利便的と言えるでしょう。

大自然の中で音楽も楽しめるかつアクセスも良好なのは都市型以外の野外フェス慣れしていない人にはThe Star Festivalは野外フェス入門という面でも優秀なコンテンツだと思いました。

というわけで来年までに個人的にはもっとアウトドアスキルを高めて、次回はBBQなんぞにもチャレンジしたり、今回は参加できなかった朝ヨガとかも試してみたいなと思う次第。以上、極私的「The Star Festival 2018参戦振り返り日記」でした。お後がよろしいようで。

▶︎あわせて読みたい記事はこちら

Text

Top image via The Star Festival