letter music

日々更新される音楽情報を読み解くWebzine

北欧が産んだ機械仕掛けのR&B、Smerz 「 Oh my my」

f:id:fantasydub:20170713162613j:plain

ノルウェー女子による機械仕掛けのR&B

ミニマルなトラック構成に太いドラムマシーンの音。近年のLo-Fiなダンスミュージック、ローハウス的なアプローチに柔らかいR&Bスタイルのボーカルが乗っかる。

そんなスタイルで注目を集めているノルウェー出身の女子二人がデンマークで結成したSmerz(スメーツ)が、名門レーベルXLから最近リリースした「Oh my my」が独特のマシーンR&Bという感じを醸し出していてイケてます。

全体的にシンプルな構成でリズムパターンも極限までソリッドになっているこの曲、特に不穏なシンセの上モノ、ノイズ、所々で顔を出す暴力的な鈍器ベースといったバックトラックの要素と、しっとりしたR&B系ボーカルが非常にマッチしていて、先述のとおり、先述のとおり、マシーンR&B感を強烈に感じるアプローチのトラックです。

ベッドルームのダークなシンセポップ

Smerzは、昨年デビュー作にあたる「Okey」が、海外の人気音楽ブログ「Gorilla vs. Bear」の2016年のベスト・デビュー・リリースのひとつに選出されたり、ロンドンの人気ネットラジオ局「NTS」、その他影響力のあるDJらからのサポートを受けている若手デュオ。

これまでのリリースの曲も新作同様、シンプルな曲構成になっていて、いずれもそのボーカルが際立たせる内容になっているのが特徴と言えるでしょう。

ジャンル的にはベッドルーム・シンセポップのダーク版のように感じる彼女たちの中でオススメのトラックとして名前を挙げたいのが、「Because」という曲。

80年代のクラシック・ハウスのような太いベースラインが印象的です。

その他にもどことなくGrime的なビートアプローチの「Blessed」、TR-808のいかにも機械っぽいリズムなR&Bチューンも彼女たちの音楽性を物語っている気がします。

そして、これは特にオススメというのが、エクスペリメンタルな「You see?」。この曲はどちらかといえば、他の曲と比べれば、ボーカルパートは少なめになっているインストパート主体の曲なのですが、攻め立てるかのようなチョップ系のシンセ音が非常にアグレッシヴでかっこいいトラックだなと思います。

ちなみにSmerzが影響を受けているのは、Kode 9主宰のベースミュージックの人気レーベルHyper dubからのリリースで知られるJessy Lanza(ジェシー・ランザ)、Jukeのベテランだった故DJ Rashadだそうです。

そのことについては、Jessy Lanza、DJ Spinn、DJ Rashadによるこの曲を聴けば、どことなく通じるものを感じますね。

音楽だけでなくMVのDIY感もデュオのアーティーさを示しているようなSmerzなのですが、ライブパフォーマンスの動画もいくつか公開されています。ロンドンのモダンアート博物館として知られるテート・モダンでのパフォーマンスはチェックしておくとよいでしょう。

北欧といえば、スウェディッシュポップや、近年のTodd Terjeのようなディスコ・リヴァイバルといったキャッチーでポップな印象を少なからず持ってしまいがちですが、Smerzはインダストリアルさを醸し出させながらも、北欧的なポップなメロディーセンスもひしひしと感じさせてくれます。

近い将来、Oneohtrix Point Neverあたりとコラボしてくれたら嬉しいなと思います。

【併せて読みたい記事はこちら】

【この記事に関連するおすすめはこちら】

Okey

Okey

  • Smerz
  • オルタナティブ
  • ¥750

Top image via  Sarah Riisager/Smerz Facebook
Text by Jun Fukunaga