letter music

日々更新される音楽情報を読み解くWebzine

新世代ラッパー・Lil Peepによる次の可能性を感じる1stアルバム『Come Over When You’re Sober, Pt. 1』

f:id:fantasydub:20170818020627j:plain

ブレないEmo Trap感

以前、ご紹介したオルタナティヴロックとヒップホップをつなぐ新世代のラッパー、Lil Peep(リル・ピープ)がデビューアルバムとなる『Come Over When You’re Sober, Pt. 1』をリリースしました。

LAのアングラなヒップホップコレクティブ「GOTHBOICLIQUE‏」に所属する1996年生まれのこの若きラッパーは、これまでにし、『Crybaby』、『Hellboy』といった、90~00年代のオルタナロック、Emoの音源からサンプリングした現行のメインストリームのヒップホップとは一味違った、まさにオルタナティヴなスタンスのEmo Trap曲を発表してきました。

7曲全曲Lil Peep節が冴え渡る

そんなLil Peepのデビューアルバムとなる今作も、これまで同様、ラップとともに、完全にこれはEmoじゃないかと言いたくなるようなビートのみTrapといった感じのロッキンチューンを7曲収録しています。

収録曲の7曲は、ほとんどの曲が4分に満たないトラックになっており、アルバムとしてはかなりミニマムな収録時間という印象を受けますが、先行曲で謎のロシアフィーチャーの曲「benz truck」に続く2曲目「Save That Shit」は、ダークなLil Peepらしい、ドラッギーなTrapという感じの曲です。

しかし、続く3曲目「Awful Things」ではイントロから完全にオルタナ、Emo路線でロックスターばりに歌い上げる、まさにEmo Trapといった感じになっています。

youtu.be

その傾向は4曲目「U Said」で1段と増し、特にこの曲と6曲目のThe Brightsideは、重ためのギターリフ搭載型Trapといった感じで、どことなくNirvana(ニルヴァーナ)の「Come As You Are」を想起させてくれます。

youtu.be

最もライブで聴きたい曲「Better Off(Dying)」

そんなアルバムの中でもとりわけEmo色が強く、Emo特有のメロディックさを感じさせるのが5曲目の「Better Off(Dying)」。先ほども言いましたが、これはもう完全にビートがTrapなだけで、ギター音色の使い方などはEmoそのものです。サビ部分がグッとくるような込み上げてくる系で、ライブで披露されると絶対盛り上がる感抜群!

このアルバムを代表する曲だと思います。アンコール後にこの曲のイントロがかかるとブチ上がること間違いなしですね。

youtu.be

アルバムのラストを飾る7曲目「Problems」は、先述の2曲目「Save That Shit」に近い展開の曲調ですが、これもまたLil Peep感があるというか、重たく鬱々とした、晩年のカート・コバーンのイメージをモロ使いしたような印象を受けるダークさが癖になります。

現代版のラップメタル

このアルバムについては、Pitchforkが興味深い記事を公開しています。その記事は2曲目「Save That Shit」についてのものであるものの、では90年代半ば以降に生まれている彼は、もちろん、リアルタイムでオルタナロック、ラップメタルなどは聴いていないし、Limp Bizkit(リンプ・ビズキット)の「Re-Arranged」を母親の胎内で聴いていたわけではありません。しかし、Lil Peepの音楽性はそういったものを継承した、「現代版のラップメタル」だ的な捉え方をしているのがおもしろいです。

youtu.be

個人的にはカートコバーンの頽廃さと、スマッシング・パンプキンズのメタル経由のエモいオルタナ感を感じていたのですが、確かにそう言われてみれば、オルタナロックとTrapの融合=ラップメタル現代版説は違和感なく受け入れられる気がしますね。

90年代後期から00年代前期のMTV要素を消化し、見事アルバムに落とし込んだLil Peep。Pitchforkが指摘するように彼にとってはラップメタル、Emo、オルタナとTrapは区別するものでなく、同一線上に存在するものなのでしょう。

逆にその図式が成り立つなら、今後、特にアメリカのマーケットで今以上の評価を得そうな気がします。なぜならこの音楽性は、新旧の「アメリカの若者が好きなもの要素」が一緒にされた、1度で2度美味しい”いちご大福”的なものだからです。

次のムーブメントを起こす可能性

初期のSkrillexが、Brostepで昨日までKornを聴いていたようなキッズを魅了しまくったように、Lil Peepもまた近い内に全米のキッズを完璧に虜にしそうな予感は少なからずこのアルバムを聴いていたら感じました。

以前、次のEminem(エミネム)候補と書きましたが、それに加えて次のSkrillex的な存在という未来図も彼には用意されているのかもしれません。

そう考えたらEDMの次は、Emo Trapというルートも無きにしもあらずだなと…

今後のLil Peepが次のムーブメントを呼び起こすか、ハイプで終わるか、引き続き動向に注目していこうと思います。

余談ですが、Lil PeepのFBにあったこの彼のファンによる「HUNTER×HUNTER」の登場人物であるヒソカ風のイラストが良い感じです。

f:id:fantasydub:20170818023116j:plain

Image via Lil Peep Facebook

【併せて読みたい記事はこちら】

【この記事に関連するおすすめはこちら】

Come Over When You're Sober, Pt. 1

Come Over When You're Sober, Pt. 1

  • Lil Peep
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥1200
Kiss - Single

Kiss - Single

  • Lil Peep
  • オルタナティブ
  • ¥250

Text by Jun Fukunaga
Top Image via Genius 
Reference: Pitchfork