letter music

日々更新される音楽情報を読み解くWebzine

Kerri Chandler本人によるアナログのみだったハウスクラシック43曲分無料公開がシンプルにヤバい件

f:id:fantasydub:20180816132546j:plain

今朝、ぼんやりとRAを閲覧していたらドチャクソやばい記事を発見。なんとUSディープハウス界の重鎮Kerri Chandler(ケリー・チャンドラー)御大が、これまでにリリースしてきたアナログオンリーの過去の名曲の数々をフリーダウンロードで公開しているというではありませんか!

 アナログのみだったKerri Chandlerハウスクラシック43曲分が無料に


というわけで早速公開されているWetransferのリンクをポチって、無料公開分のアナログオンリー曲をダウンロードしてみたわけですが、その収録曲数がまずヤバい。43曲も入っているという…。しかもデータ容量で言えば、なんと2GBにもなるという「るろうに剣心」の某キャラクターの必殺技「二重の極み」を食らったかのような衝撃を受けますが、このヤバさはそれでは終わらない、「三重の極み」もあるのです。

デビュー作や近年のヒット作を含まれている

そのいわば「三重の極み」とは、収録曲内容のヤバさ。これはRAの記事で見て、最初やべぇとなった部分なのですが、ダウンロードした先の圧縮ファイルを解凍した先には本当にあった、1990年のクラシックチューンことデビューEP『Super Lover』に収録されている「Get It Off」。

youtu.be

そして、2010年のヒット作で、当時のハウスのDJがこぞって買い求めたキラーなアナログオンリー盤『The Thing For Linda 2010』に収録されていた「Mommy What's A Record」。太っ腹この上ナシすぎる…。

youtu.be

 

その他Nina Simoneリミックスやコラボ曲などもあり

さらに収録曲を見ていくと、Nina Simone(ニーナ・シモン)のKerri Chandlerによるリミックスが、インストとボーカルMixともに入っていたり、流麗なピアノハウスでDee Dee Braveとのコラボ曲「Mookies Bio」、ほかには先述の『The Thing For Linda 2010』収録の超王道ディープハウスマナーに沿ったモダンクラシックな「House Is House」など。

youtu.be

そんな感じでこのKerri Chandlerによるかつてのアナログオンリー43曲入り無料パックは、ハウスファンにとってはマストダウンロードな内容になっていると思います。そのうちリンク切れになる可能性も予想されますので気になった人はお早めに。

Kerri Chandler音源ダウンロードはこちらのWetransferのリンクからどうぞ。

▶︎あわせて読みたい記事はこちら 

Follow letter music twitter! 

Top Image via Kerri Chandler Facebook