letter music

日々更新される音楽情報を雑談を交えて文字化するWebzine

エレクトロ、トランスを自在に操る女優、片瀬那奈の音楽性は今こそ再評価されるべきなのでは? という話

f:id:fantasydub:20190926234708j:plain

近年、インターネットを通じて海外で行われる日本の音楽の再評価。一説にはYouTubeなど音楽ストリーミングサービスのアルゴリズムがそれを後押ししていると言われています。

 

その結果、日本の80sシティ・ポップ/AORやアンビエントは、今やトレンディな音楽として、海外の愛好家を増やしているわけですが、そのネットを通じた”再評価”という流れは、何気にテン年代の音楽業界に起きた大きな出来事のひとつだったのではないか? そう、私は最近思い、次は原田知世”再評価”がくるはずという世迷言的な夢を今日の今日まで抱いてきました。

片瀬那奈はネット音楽の世界における"ポスト竹内まりや"説を唱えてみたい

しかし、今、次に再評価されてほしいアーティストをついに発見。それは近年はバイプレイヤー的立ち位置で映画やドラマで活躍する女優、テレビ番組の司会者として知られる片瀬那奈。 

今の若い方はご存知でない人も多いかと思いますが、実は彼女、2000年代前半は歌手としても活動。(確か、今も筋金入りのフジロッカーとして、界隈ではハライチ澤部と同格でリスペクトされる存在だったような)

 

WARP30周年「MY WXAXRXP」プレイリスト企画でRefuse 73を選曲する片瀬那奈

その再評価されてほしいと思ったきっかけは、エレクトロニックミュージックのレーベル「WARP」のレーベル設立30周年を祝すための「MY WXAXRXP」プレイリスト企画に彼女が参加していたこと。

同企画は今月、石野卓球、AOKI takamasa、さらにはTwiterの人気企業アカウントとして知られるSHARPの中の人などミュージシャンから界隈の識者までが選曲者として参加。それぞれ5曲選曲するというものでして。その公開されたばかりの第2弾プレイリストに片瀬那奈さんも選曲者として参加しておられ、5曲をセレクトしているのですが、それがかなりピンポイントで私の胸に突き刺さりました。

彼女が選曲した5曲のうち、2曲はなんと2000年代のWARPを彩ったIDMヒップホップ、グリッチホップの雄、Prefuse 73(プレフューズ73)作品! 正直、普通のちょっとかじった程度ならAphex Twin(エイフェックス・ツイン)とかLFOとかに走りそうなものですが、ここでPrefuse 73はかなり渋い。いや、渋すぎる。

Prefuse 73といえば、サンプルを細かく刻んで超絶エディット、さらには初期の彼の専売特許とも言えるラップネタをズタズタにチョップした独特の声ネタ使いなんかで私たち世代のIDM好きにはよく知られてた存在です。ただ、近年はWARPからのリリースはなく、すでにレーベルとは距離を置いている印象も少なからずあります。

 

2000年代エレクトロニックミュージックの洗礼を受けていると思われる片瀬那奈

そこを持ってくるそのセンス。同じPrefuse 73好きとしてはとにかく共感しかない。ちなみに片瀬那奈さん、1981年生まれだそうで、そのことから考えると、2000年代にはリアルタイムでPrefuse 73ほか、IDMヒップホップの洗礼を受けていることは間違いないはずと思い、ちょっとネット検索。

そうするとフジロックの関連サイト『富士祭電子瓦版』でがっつり、Prefuse 73愛を語っておられました。それによると打ち込みもされるそうな。

frf-en.jp

またプレイリストには以下のようなコメントも寄せられています。

“いい音楽に出会うと、その曲やアーティストのレーベルをチェックして音を漁るようになったのはWARPを知ってからでした。UKテクノに始まり、HIPHOP、ELECTRONICAなど変幻自在でカッコ良くお洒落な音楽を教えてくれたのもWARPです。新作が出る度にワクワクと新しさを感じさせてくれます。特に思い出深いのは09’エレグラの「WARP20」こんなメンツが一堂に会することは一生ないかもしれないほど豪華で幸せな空間でした。音、MV、アートワーク、LIVE全てにおいてシビれる格好良さ。曲のセレクトは好きな曲がありすぎて困りましたがw 30周年おめでとうございます!そしていつも素敵な作品を届けてくれてありがとう!”

うん、本気ですね。WARPっ子ですね。おそらくPrefuse 73聴いて、当時一斉を風靡したヴィンセント・ギャロが謎にWARPからリリースしたアルバム(彼の自慢のヴィンテージ機材がふんだんに使われた非常に”意識が高い”作品。簡単にいえば当時の常人にはなかなか理解し得ないオダギリジョーのファッションのようなものです。多分)もおそらくチェックしていたに違いない。そんな妄想が膨らみました。

片瀬那奈が00年代前半に残したアルバムには当時のクラブトレンド要素がたっぷり

というわけで、今回はここまでが長い前フリ。落語でいうところの枕です。

そんなことがあって、片瀬那奈が昔、音楽活動を行っていたことを思い出し、Spotifyで検索をかけてみたところ、3枚のアルバムと1枚のEPを発見。これらの作品は2003~2005年にリリースされたもので、ちょうど本格的なMyspace発のエレクトロブーム勃興前夜くらいと機を同じにします。

そういうわけもあってか、本人のダンスミュージック嗜好がゴリゴリに反映され、エレクトロはもちろんのこと、サイケ寄りのトランス、プログレシッヴハウスだったり、当時のクラブトレンドがふんだんに詰め込まれているため、今、振り返るとものすごく興味深いです。

 

洋楽ポップススターのB面リミックスを彷彿とさせる"最強にやりたい放題"なカバーアルバム『EXTENDED』

例えば2004年のカバーアルバム『EXTENDED』では、最近公式Future Funk化されたことも話題のWINK「淋しい熱帯魚」をエレクト、松田聖子の「Rock'n Rouge」をFPM風の洒落たエレクトリックなラウンジブレイク、小泉今日子「木枯らしに抱かれて」をゴリゴリのエピックトランスに変換してしまうなど、良い意味でやりたい放題。当時のMadonna(マドンナ)、Britney Spears(ブリトニー・スピアーズ)のヴァイナルのB面に収録されていたリミックスばりの攻めっぷりで最高しかないという…。

 

Kylie Minogueに対する"日本からの回答"も収録した『TELEPATHY』

そして、2003年のオリジナルアルバム『TELEPATHY』がまたやばい。こちらも当時のトレンドにがっつりリンクするエレクトロを基調としたポップスなんですが、特に収録曲の「Babe」は、完全にKylie Minogue(カイリー・ミノーグ)の大ヒットアルバムにして、彼女の復活作『Fever』収録の名曲「Love At First Sight」に対する日本からの回答的作品といっても過言ではない仕上がり。

youtu.be

また「A.I.O」はStrudust(スターダスト)の名曲「Music Sounds Better With You」の影響をめちゃめちゃ感じる1曲になっているしで同世代にとっては今、聴くとそこはかとないノスタルジーを感じずにはいられないというとにかくエモいアルバムであり、当時気がつかなかった”気づき”が沢山ある作品なのです。

Music Sounds Better With You - Single

Music Sounds Better With You - Single

  • Stardust
  • エレクトロニック
  • ¥250

 

日本音楽の海外好事家と音楽サブスクのアルゴリズムが片瀬那奈に反応する日を待つ

最近は、90年リヴァイバルの次として、2000年代のセレブをネタにしたリヴァイバルもちらほら海外ではネタになっているし、ファッションでも2000年代を代表するドメスティックブランド「EVISU」がラッパー周辺で再評価されていたりもします。

音楽でいえば、「Syojo Satori 処女のサトリ」というFuture Funk系アーティストが日本のParis Matchをサンプリング元ネタにしていたりもするため、ネット界隈からの"片瀬那奈再評価"も十分に可能性として考えられるのではないかと…。

余談ですがYouTubeをディグっていると先述の「Babe」のパフォーマンス動画も。

youtu.be

そんなわけで、2000年代に片瀬那奈が残した大いなる遺産に海外の日本音楽の好事家、そして音楽ストリーミングサービスのアルゴリズムが反応する日が来ることに期待したいです。

ちなみにインスタみてたらThe Avalanches(アヴァランチーズ)と記念撮影している片瀬さんがいました。本物や、この人...。

www.instagram.com

以上、お後がよろしいようで。

▶︎あわせて読みたい記事はこちら

Follow letter music Twitter! 

Top Image via beatink

Reference: beatink, 富士祭電子瓦版