letter music

日々更新される音楽情報を読み解くWebzine

ギターキッズの憧れだった老舗メーカー「ギブソン」の破産申請に諸行無常を感じるという話

f:id:fantasydub:20180502161641j:plain

高級ギターでプロも愛用する老舗ギターメイカーのギブソン(Gibson)が破産申請をしたことが明らかになりました。ものすごくショック…。

 破産申請から経営再建を目指すギブソン

ギターキッズにとってはもはや説明不要、ギター業界における最高峰ブランドだっただけになんとも諸行無常を感じます…。
時事ドットコムによると、

音響機器メーカーのティアックなど近年の相次ぐ買収で債務が膨らむ一方、販売は伸び悩み、経営が悪化していた。負債額は最大5億ドル(約545億円)に上る。

とのこと。

また現在、同社は、

連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用をデラウェア州の裁判所に申請した。債権者の3分の2以上と再建支援で合意しており、楽器製造などの事業を継続しつつ、経営の立て直しを目指す。

ことも明らかになっています。

憧れだった黒いボディーのレスポールカスタム

私の個人的な経験から言うと、ギブソンのギターはギターキッズだったころの憧れの名器でして、10代の頃、ギブソンの黒いボディーのレスポールカスタムをいつか手に入れるんだ! と強く願ったものです。しかしながら、ぶっちゃけ数十万なのでその夢は叶わないまま、時はすぎ、今に至るわけなんですが…。

それでもレスポール風の安いメーカーが作ったギターを中古で購入したこともありましたし、ギブソンは高すぎて手が出ないからギブソン傘下のブランドであるエピフォン(Epiphone)なら高校生でもバイトでもすれば買えると思ったものです。

そういや青春バンド漫画の金字塔『BECK』でも弾痕付きのレスポール”ルシール”が登場していましたね。

 

youtu.be

結局その後、Eric Clapton(エリック・クラプトン)にどハマりしたこともあり、私的にはフェンダーに浮気をしてしまい、彼の愛機、ストラトキャスター、通称”ブラッキー”が欲しくて欲しくてということなんかもありましたが、それでもまあ、ギブソン、特に先述のレスポール各種は憧れだったことには間違いなく…。

とりあえず、破産申請したものの、経営再建に向けて動いているとのことなので、一旦は諸行無常を感じましたが、今後の動向に注目していきたいと思います。

 

『BECK』のエンディングテーマ「My World Down」

ちなみにアニメ『BECK』のエンディングテーマ「My World Down」という曲が鬼カッコいいのです。

youtu.be同曲は元the brilliant greenの元ギタリスト松井亮のソロプロジェクトmeister(マイスター)によるものなのですが、このmeister、何気に去年再結成後初の復活アルバム 『Weather Diaries』をリリースしたシューゲーザーレジェンドのRide(ライド)のMark Gardenerらも参加しており、当時胸アツでした。

Weather Diaries

Weather Diaries

  • ライド
  • オルタナティブ
  • ¥1650

▶︎あわせて読みたい記事はこちら

Top Image via Flicker
Source: 時事ドットコム