letter music

日々更新される音楽情報を読み解くWebzine

今年1番スピーカーと向き合って聴きたいCRZKNYによるアルバム「MERIDIAN」

f:id:fantasydub:20170502193903p:plain
2017年も早いものでもう5月。今年は、メジャーどころで言えばMigos、Drake、Kendrick Lamarらヒップホップ勢の新作が世間を賑わせたり、IDM系のクラブミュージックで言えば、Nathan FakeがNinja Tuneに移籍してアルバムを出したり、ドラムンベースではGoldieの新作がアナウンス、はたまたGorillazが超豪華ゲストを迎えて、引っ張りに引っ張った新作を発表、そしてサマソニで来日するMr.フランスなバンド、Phoenixも新作リリースのアナウンスも最近行われるなど現時点でもすでに大豊作の1年という感じです。

しかし、この4月、それらに引けをとらない「2017年の日本のクラブシーンにとって最重要作品」というべきアルバムが、広島から世界のジューク/フットワークシーンに名を轟かせるトラックメイカーCRZKNYによって世に解き放たれました。

この「MERIDIAN」というアルバムは、CRZKNYの3rdアルバムとなり、3枚のCDに収められた摩訶不思議な音楽ジャーニーを展開する作品です。曽我部恵一(サニーデイ・サービス)、∈Y∋(BOREDOMS)、Illicit Tsuboi、掟ポルシェらを含むジャンルレスな30組以上のアーティストがアルバム発売に当たって、推薦コメントを寄せる日本のクラブシーンにおける鬼作であり、歴史的な傑作と言っても過言ではない作品です。

再生した途端、プチプチノイズが聴こえ、恐らくこれを聴いた人の大半が、プレイヤーの故障を疑ったと思われる3枚組の1枚目、副題「in the dark…」は、聴き進むに連れて、グリッチ・ノイズでFootworkリズムを響かせながらも最後は、魔物の呻き声のようなアンビエントノイズで幕を閉じるというニクい演出がされていますし、2枚目「meander / meridian / death」は、ベルリンのエクスペリメンタルテクノ勢よろしくな、ダンサブルな4つ打ちで畳み掛ける内容。特にど頭のAngel Gutsは、CRZKNYからのDadubへの回答と勝手に思わされてしまいましたし、if you search for $10は、副題からノイズという名の死化粧を施されたデトロイトテクノという印象を感じました。そして、3枚目「blue」、これは、その前の2枚に収録された数々の鬼作でお腹を一杯にされた後に、千本ノックを受けさせられるかのような、音楽的マゾヒストを恍惚の境地に誘う鋼鉄のマシーン・フットワークで、そのシーンはおろか、クラブミュージックの未来を予見させる内容になっています。その辺りは例えばGhost in the anus、Your Wife Gives Black Jackを聴いて頂けたら納得できるのでは?と思います。

そんな「MERIDIAN」について、リリース元のレーベル「Good Wether」から私もコメントを提供のお話を頂き、僭越ながら感想を書かせて頂きました。内容は、アルバムの特設ページでご確認頂けたらと思いますが、とにかく、これを聴くには気合が入ると言えば大袈裟ですが、スピーカーと向き合って、姿勢を正して聴くべき作品だと思っています。そして、乱暴に言えば、良い意味でアンダーグラウンドの格好良さのエッセンスの良いとこ取り故、ダサくなるわけがなく、スカムなんだけどお洒落、お洒落なんだけどスカムというアンダーグラウンド美意識をビシビシ感じる内容なのです。

レーベル「Good Wether」は、これまで名古屋で先鋭的なUKのベースミュージックのDJらを迎えて、数多くのイベントをしかけてきたことでも知られているのですが、「ZECHZGANGZ」というエクスペリメンタルをテーマにしたイベントもこれまでに数回開催しています。そちらはイベントのフライヤーなどでもわかるとおり、第二次世界大戦前の荒廃したドイツのアンダーグラウンドなナイトカルチャーを彷彿とさせる退廃的な雰囲気を感じるというか、先述のスカムなんだけどお洒落というくだりとリンクした内容となっています。そういうこともあって、それと文脈上つながる「MERIDIAN」が、レーベルとしての「Good Wether」からリリースされたの必然ではないでしょうか。

音の構築方法や、アーティスト、レーベルの美意識からとにかく危ない「MERIDIAN」。個人的には、その曲調とリンクしたスカムな曲名もとにかく危ないと思っています。しかし、それもまた音を聴けばお洒落に感じてしまうというから、これは音楽の魔法にかかったアルバムであり、だからこそ傑作の呼び声が高いと思っています。

なお、「MERIDIAN」発表に伴うリリースパーティーは、東京では5/2に渋谷・Gladにて行われます。

踊るか、叩き割るか、燃やせ。

というアルバムライナーノーツどおり、1度聴けば、マジ選択肢それしかねぇ!と思わせるCRZKNYによるアルバム「MERIDIAN」。そのリリースパーティー東京場所の詳細は下記のとおりです。

 

GOODWEATHER presents
CRZKNY 3rd Album “MERIDIAN” release party

2017/5/2 @渋谷GLAD adv 3000 door3500
Sound Design by eastaudio Sound System / TSSL / VOID acoustics

Line up:
CRZKNY
Campanella (MdM)
仙人掌(MONJU/DOWN NORTH CAMP)
OMSB(SIMILAB)
and more

チケット販売サイト
https://www.goodweather.org

info:
http://www.shibuya-glad.com/venue/flyer/284417

MERIDIAN特設サイト
CRZKNY HIROSHIMA SHITLIFE

MERIDIANの購入はこちら

MERIDIAN [ CRZKNY ]

【併せて読みたい記事はこちら】