letter music

日々更新される音楽情報を読み解くWebzine

コーチェラ2018第2日目感想、Nile Rodgers & Chic、BROCKHAMPTON、X JAPAN、Tyler, the Creatorなど

f:id:fantasydub:20180416173635p:plain
コーチェラ2018第2日目の感想を一言で表現すると”Beyoncé優勝、Destiny's Child優勝”になるのは間違いなく、そのくらいDestiny's Child(デスティニーズ・チャイルド)再結成は衝撃でしたし、Beyoncé(ビヨンセ)の「Crazy In Love」からスタートするライブパフォーマンスもエンターテイメント抜群でソロパートも素晴らしかったです。

*追記:
コーチェラ2018Weekend2の2日目では再びデスティニーズ・チャイルドが再結成!!

コーチェラ2018第2日目極私的感想

しかし、私個人としてはChromeo(クローメオ)のエレクトロブギーなライブも心地良く◎。来年のコーチェラでは是非ともDam Funkにご出演していただき、コズミックファンク全開なライブセットを披露してほしいなぁ〜などと思わされました。

御大Nile Rodgers & Chic(ナイル・ロジャース & シック)のライブでは、Daft Punk(ダフト・パンク)「Get Lucky」のカバーに胸キュン。それ以外にも多数のレアグルーヴ名曲カバーセットがアツかったです。

www.instagram.com

個人的にはその中でもDiana Ross(ダイアナ・ロス)の「I’m Coming Out」、「Upside Down」が続けて披露されたところはアガりました。あとアガったといえば、最後のThe Sugarhill Gang(シュガーヒル・ギャング)の「Rapper's Delight」カバー。「祝祭とはこのことよ」と言わんばかりのあの感じ、最高でしたね。

f:id:fantasydub:20180416171853p:plain

ヒップホップシーンの男性アイドルグループBROCKHAMPTON、マジアイドルだった件

そして、この日楽しみにしていたのが、ヒップホップシーンの男性アイドルグループことBROCKHAMPTON(ブロックハンプトン)のライブ。

f:id:fantasydub:20180416172408p:plain

おなじみの顔面青塗りブルーフェイスで登場か? と思っていたら、バックのミニオーケストラがその仕様で登場。その後のメンバーのはっちゃけぶりも良い感じ。日本にうまくこの感じを伝えようとした場合、ラップをやっていた初期の嵐の櫻井翔くん x 複数人って感じになるでしょうか? それくらい今、全米の女子たちは彼らに夢中で黄色い声援を挙げていました。

www.instagram.com

マジ、 Backstreet Boys(バックストリート・ボーイズ)全盛期から10何年を経て、ヒップホップが音楽シーンの最たるトレンドになっている今だからこそとでも言いましょうか。BROCKHAMPTONは、現代のショービズ界の”発明”だと思います。

関ジャニ ∞脱退渋谷さんは、今後ここと張り合うのか〜などと軽い妄想もしながら見ていたのはここだけの話…。

f:id:fantasydub:20180416172523p:plain

X Japan、SUGIZOの機材トラブルと故メンバーのクレジット

あと、X Japan。単独公演ならいざ知らずコーチェラという海外の大舞台、どアウェイの中でひたすら日本語で歌うTOSHIの姿がヤバかったです。「紅」やっぱり良かったですね。

f:id:fantasydub:20180416172553p:plain

それと何気に「I.V.」でLimp Bizkit(リンプ・ビズキット)のギタリストWes Borland(ウェス・ボーランド)も参加していた模様。ただギターのSUGIZOの機材トラブルもあったとのことで本人も第2週目のリベンジを誓っていました。

あと故メンバーのHideとTAIJIのクレジットもステージのスクリーンには入ってましたね。さすが今でも正式メンバー扱いを取っているX JAPAN。

f:id:fantasydub:20180416172652p:plain

これからディグっていきたいと思ったMarian Hill

それ以外では2人組男女デュオMarian Hill(マリアン・ヒル)のパフォーマンスが心地よかったですね。

f:id:fantasydub:20180416172810p:plain

Apple/AirPodsのCM曲「Down」でうすーく知っていたくらいなのですが、ミニマルな編成で野外ステージに立ち、大観衆の前でライブした彼ら。

youtu.be

曲も叙情的というかエモいので、これから個人的にディグっていきたいと思います。

f:id:fantasydub:20180416172836p:plain

おしゃれが過ぎて2周くらいしていたTyler, the Creatorの衣装

1日目も豪華ゲスト登場に湧いていたコーチェラだけに、Tyler, the Creator(タイラー・ザ・クリエイター)のステージにも以前ご紹介した『Flowerboy』のゲスト、Anna Of The North(アナ・オブ・ザ・ノース)登場! なんて展開があれば良いな〜などと思っていたのですが、残念ながら実現せず。

 

そのステージでは、おしゃれで有名なTyler, the Creatorの衣装が海外の配達業者とかの作業着を彷彿とさせるもので、もはやおしゃれが過ぎて2周くらいしているなという外見が強く印象として残りました。

www.instagram.com

京都発のバンドおとぼけビ〜バ〜が現地メディアからの高評価獲得

また今回、YouTubeストリーミングはなかったものの、京都発ガールズインディーロックバンドのおとぼけビ〜バ〜のライブも評価が高かったようです。

LA Weeklyの記者の方にとってはこの日1番の衝撃だったそうで。Beyoncé優勝ならぬおとぼけビ〜バ〜優勝状態ヤバいですね。その記事では、海外で人気の日本のバンド、Melt-Banana(メルトバナナ)が引き合いに出されていたり、ともかくぶちカマされたようで、帰宅したら過去リリース作品をディグりたいと評されていました。

f:id:fantasydub:20180416173101p:plain

私としてもアルバム『目撃!ラブミ〜・サイン』収録のワードの破壊力がハンパない「パワフルブス」をコーチェラの舞台で聴きたかった…。この日のセットリスト、知りたい…。教えて、インターネット職人さん!! 状態です。

youtu.be

ちなみにおとぼけビ〜バ〜の分はありませんでしたが、配信されていた出演者分についてはおそらくほぼ、Setlist.fmで当日のセットリストが確認可能だと思われます。リンクはこちら。

3日目、Migosも良かったですね。こちらの感想はまたのちほど。

▶︎あわせて読みたい記事はこちら