letter music

日々更新される音楽情報を読み解くWebzine

本日より大阪・Circus、豪華ラインナップで駆け抜ける5周年アニバーサリー月間が開始

f:id:fantasydub:20170701152138j:plain

関西のクラバーを魅了し続け5周年

大阪・アメリカ村で関西のコアなクラバー達を魅了し続けてきたクラブといえば、Circus。現在では、姉妹店である東京・Circus Tokyo、同店の上階に新設されたバー・Catsなど、その勢いは留まることを知らないまま、ついに今月でめでたくオープン5周年を迎えることなりました。

そんなCircusのアニバーサリー月間である7月と言えば、毎年、1ヶ月を通して豪華ライナップを楽しめることが恒例となっていますが、今年も例年に負けじと劣らない内容となっています。

1週目

例えば、7/1(土)アニバーサリーのオープニングを飾るのは、日本が誇る最強のテクノDJ、DJ Nobuと大阪のリビングレジェンドDJとして知られるDJ Ageishiの共演は通を唸らせる一夜になるでしょう。

2週目

7/8(土)は、MCバトル界隈で絶大な人気を誇る呂布カルマあっこゴリラのライブイベント。ゲストに迎えられた名うてのアンダーグラウンドDJ行松陽介のプレイも見もの。

さらにその日の夜には、UKよりDub Phizix & Strategyの最強コンビが2014年の「OUTLOOK FESTIVAL JAPAN」以来、3年ぶりに来日を果たし、満を持して大阪の地に降臨します。

その週の終わり、7/9(日)のサンデー・アフタヌーンイベントにはカリスマラッパー般若が出演。圧倒的な存在感を見せつけてくれること間違いナシ!

3週目

7/14(金)は、Juke/Footworkシーンの大物TRAXMANが登場。共演は日本のシーンを牽引するD.J.Fulltono。こちらも見逃せません。

そして、7/15(金)は、豪華なライナップが出揃ったこの月の中でも1番の注目イベントとなるドラムンベースシーンきってのライジングスターNETSKYを迎えたイベントが行われ、もう1組のゲストとして、人気の日本人アーティストQRIONの出演も決定しています。

4週目

7/22(土)は、環ROY×鎮座DOPENESSによる超人気ヒップホップユニットKAKATOが登場。こちらも関西のファンは参加必至でしょう。

5週目

7/28(金)は、メルボルンのエレクトロニックアクトSuper magic Hatsを今年、Project Mooncircleからアルバムリリースを果たしたkafukaがサポート。

最終日となる7/30(日)は、イタリアが誇るコズミック&バレアリックマスターDaniele BaldelliがベテランAltzと共演。アニバーサリー月間のラストを飾るにふさわしい珠玉のサンデー・アフタヌーンイベントとなるでしょう。

その他にも、OKADADADJ WILD PARTYC.O.S.A.KID FRESINODJ AKiら国内の人気アクトや、CLUB SNOOZERなどジャンルレスに毎週パーティーが開催されます。

どのパーティーに行くべきか迷うくらいなら、全部制覇してみたいほどの今月のCircus。気になるイベントはとりあえずマストチェックで!

▷イベント情報

Circus 5th Anniversary

07/01 Circus 5th Anniversary “DJ Nobu x DJ Ageishi”
07/07 Circus 5th Anniversary “Club Snoozer”
07/08 Circus 5th Anniversary “呂布カルマ x あっこゴリラ”
07/08 Circus 5th Anniversary ‘Dub Phizix & Strategy
07/09 Circus 5th Anniversary “般若”
07/14 Circus 5th Anniversary “Traxman”
07/16 Circus 5th Anniversary “Okadada x DJ Wild Party”
07/17 Circus 5th Anniversary “C.O.S.A. × Kid Fresino”
07/22 Circus 5th Anniversary “KAKATO”
07/28 Circus 5th Anniversary “Super Magic Hats”
07/29 Circus 5th Anniversary “Unsalted”
07/30 Circus 5th Anniversary “Daniele Baldelli”

More info: http://circus-osaka.com/

Image via Circus 
Text by Jun Fukunaga