letter music

日々更新される音楽情報を読み解くWebzine

ジャズ、ソウル、コズミックハウス好き必聴! ラジオ番組「RHYTHM SECTION」が最高にイケてる作業用BGMな件

f:id:fantasydub:20180418055526p:plain
ネットなんかを見ていると作業用BGMという言葉をよく目にするのですが、皆さんは普段どんな音楽を作業用BGMにされていますか?

実は私、普段から音楽をはじめ、映画などのコラムを執筆するのを一応本業にしているのですが、中々自宅で作業する場合、音楽を聴きながらだと集中できない厄介な病の持ち主でして…。

「RHYTHM SECTION」というネットラジオ番組

仕事柄、ある程度のジャンルの最新リリースはできるだけチェックするようにしているのですが、どうにもそういう音楽を聴きながらだと作業に身が入らない。この前もエクスペリメンタルなミニマルテクノを聴いていたにもかかわらず、原稿作業になかなか集中できず、結局、音を止めるハメに…。

しかし、そんな私も本日ついにMy作業用BGMというべき音楽チャンネルについに出会いました。それは、ロンドンのネットラジオ局NTSで放送されている「RHYTHM SECTION」という番組です。

最高にイケてるかつ絶妙に聴き流せる作業用BGM

たまたま通知メールでNTSが、Mixcloudに新規アップロードした音源を聴きながら仕事をしていたのところ、やはり例のごとく、集中できない、作業に支障が出る状態になったのですが、今回はなぜかグッと我慢して再生。それが終了してリレイティッド機能がレコメンする番組が続けて始まったと思ったらそれがRHYTHM SECTIONで個人的に大当たりしたというわけです。

私が聴いたのは、昨年の8月に放送されたアーカイブ音源なのですが、内容がジャズ、R&B、ソウル、ブロークンビーツ、コズミックなハウスまでと幅広いわりに絶妙に心地良い。端的に言って最高にイケてる内容だったのですが、この放送回、それだけにとどまらず、最高に聴き流せる度数が高い。

つまり、私的にはやっかいな自分の性分に適合した超優良なコンテンツだったというわけです。

www.mixcloud.com

パーソナリティーはBoiler RoomのMCも担当

そういうこともあり、気になって番組概要を調べて見たところ、番組はサウスロンドン・Peckham(ペッカム)でスタートし、NTSでは2012年から番組が開始したとのこと。ちなみにその年は私はまだイーストロンドンに住んでいたというのに今の今まで全く知らないままだったという…。最高に損した気持ち、どチクショウ状態でございます。

パーソナリティーはBradley ZeroというDJで、ググったら、2015年に東京の青山Faiにも出演。なんとBoiler RoomのMCも担当しているとのこと。

またRHYTHM SECTIONは、レーベル兼パーティーブランドでいわゆるコレクティヴというやつでして、レーベルサイトによりますと2014年にはGiles Peterson(ジャイルス・ピーターソン)が主宰するWorldwide awardsの「Label of the Year」にもノミネートされた実績を持っているそうです。

Allysha Joyというメルボルンのシンガーが良い

番組はNTSでは月に2度放送で、私が大当たりを引いたと感じた放送回のゲストがこれまた良かった。Allysha Joyというメルボルン拠点の女性シンガーなのですが、なかなかソウルフルでイケてます。

最近のメルボルンといえば、ハウス、ディスコ、バレアリックなど良質なダンスミュージックの産地として世界中の愛好家たちから注目を集めているのですが、私が同地に住んでいた10年くらい前でもクラブシーンに関しては当時の日本よりも大分ヨーロッパ寄りで進んでいた印象を持っています。

5月に来日するPendulum(ペンデュラム)がデビューアルバム『Hold Your Colour』がリリースした直後のリリパのメルボルン場所に行きたかったものの、チケットが売り切れ。当日券待ちで2~3時間ほど1人でクラブのエントラスに並んでいた苦行のような出来事も今となっては良い思い出。

 

閑話休題。

そのAllysha Joyの「FNFL」という曲で始まるこの放送回では、その彼女の「Akala」という曲もオンエアされます。ノンビートのコズミック・ジャジーバラード曲なのですが、歌声とよくマッチしていて無性にチルな気分にしてくれます。もしかしたらSun Raとか好きな人はハマるかも。

soundcloud.com

なお、番組の後半あたりではFloating Points(フローティング・ポインツ)風のジャジーなレフトフィールドハウスもオンエア。再生時間は2時間24分ほどと中々長め。

とはいえ、全編通して先述のとおり、絶妙に聴き流せるライトさがともかく最高なので良い作業用BGMをお探しの方は、一度RHYTHM SECTIONをチェックしてみてください。

▶︎あわせて読みたい記事はこちら

Source: RHYTHM SECTION