letter music

日々更新される音楽情報を雑談を交えて文字化するWebzine

6ix9ineが2万ドルでChief Keef銃撃を依頼していたことが明らかになった件

f:id:fantasydub:20190202152737j:plain

現在、恐喝、麻薬取引、銃撃など9つの犯罪に関与した疑いを持たれているTekashi 6ix9ine(テカシ・シックスナイン)こと6ix9ine(シックスナイン)。その彼に関してまた新しい情報が報じられています。

 

6ix9ine、Chief Keef銃撃を2万ドルで依頼していたことを明かす

最近、6ix9ineはこれまで否定した容疑に関して、自分が関与していたことを認める発言を行い、司法取引のための準備をしていると報じられていましたが、最新の情報ではなんと彼とは敵対関係にあり、昨年は銃撃事件にまで発展。その関与が疑われていたChief Keef(チーフ・キーフ)銃撃事件について、なんと6ix9ineが実行犯に金銭を支払っていたことが明らかになったとComplexが報じており、これにはさすがにびっくり。

 

Complexが手に入れたほう的文書によると、6ix9ineは、昨年6月に起きたChief Keef銃撃時に仲間のKintea "Kooda B" McKenzieに2万ドル(約221万円)で銃撃を依頼。その後、6ix9ineと当時のマネージャーのKifano "Shotti" Jordanは、半額の1万ドル(約110万円)を実行犯に支払ったとのこと。

Chief Keefのいとこに害を与えるために3万ドル支払っていたとも

先月、6ix9ineはこれまで関与を否定したChief Keef銃撃について、Kooda Bが実行犯だと明かしていますが、その前には6ix9ineがChief KeefのいとこであるTadoeに自分が関与していることを語った動画が流出。その動画で6ix9ineはTadoeに害を与えるために3万ドル(約331万)支払ったと語っているそうです。

 

Chief Keef銃撃事件の狙撃役Kooda Bは逮捕され終身刑の可能性に直面

また先述のChief Keef銃撃事件で狙撃役となったKooda Bは21歳で、今年1/31に起訴状が出され、2/8に逮捕されたとのこと。現在、彼には銃火器による殺害容疑、恐喝などの容疑がかけられており、最悪の場合は終身刑、最短でも10年間の収監の可能性に直面しているとも言われています。

最近、これまで関わったとされる容疑に関して、次々に真相を明かしている6ix9ine。果たして司法取引による減刑はあるのか? 今後の続報が気になるところです。

なお、6ix9ineは、Lil AKとのコラボ曲「Lanes」を本日リリース。トロピカルかつメロディックないかにも近年のJustin Bieber(ジャスティン・ビーバー)っぽいダンスホールになっていて、すごい変化球来たなと思いました。

LANES

LANES

  • Lil AK & シックスナイン
  • ヒップホップ/ラップ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 以上、お後がよろしいようで。

▶︎あわせて読みたい記事はこちら

Follow letter music Twitter! 

Top image via babe.net
Reference: Complex